フォト
無料ブログはココログ

« 松山選手おめでとうございます! | トップページ

2021年4月16日 (金曜日)

ファイザーワクチンの副反応報告(厚生労働省調べ)

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応は

①65歳以上の高齢者では発生率が大幅に低い。

37・5度以上の発熱は、全体では38%に起きたが、高齢者は9%と4分の1にとどまった。

抵抗力のある若い世代ほど副反応が強い傾向は知られているが、予想以上に年代間の差があることが浮き彫りになった。

②2回目の接種後の方が1回目より副反応が強く表れ、年齢が高くなるほど発生率が下がる傾向がみられた。

 2回目接種後に38度以上の高熱が出たのは、全体では21%だったが、高齢者は4%と大幅に低かった。20歳代では30%、30歳代では25%だった。だるさと頭痛は、全体の69%と54%にみられたが、高齢者では38%、20%と低かった。ただし、接種した腕の痛みは全体で91%だが、高齢者でも80%が感じており、他の副反応と比べると差は目立たなかった。

③男女差も目立っており、女性の方が男性よりも副反応が強かった。特に頭痛は、女性の62%が訴えたのに対し、男性は37%と差が大きかった。37・5度以上の発熱は女性42%、男性30%だった。

のようですね。名古屋市でもファイザーワクチンが始まります。

副反応に注意して接種して参りたいと思います。

 

« 松山選手おめでとうございます! | トップページ