フォト
無料ブログはココログ

« この7月で開院して20年になります | トップページ | 与田監督にエールを送ります »

2020年7月 6日 (月曜日)

戦国時代のサムライ

1612年の徳川家康と豊臣家の最後の戦、大坂冬の陣について語る

NHKスペシャルを観ました。

ほぼ同時期に銀鉱山の採掘権利をめぐってスペインとオランダが

覇権争いしている真っ只中、この冬の陣の戦に大いに関わっていること

を初めて知りました。徳川家康はオランダから購入した大砲で豊臣家を

滅亡に導きます。さらに驚いたのは、オランダからスペインが植民地化

していた東南アジア諸国を奪うのに、日本人のサムライを家康の許可を

得て雇い、傭兵化し見事に、オランダが領地を奪いとったということでした。

心に残ったのは、オランダスペインとも日本を植民地化することは、(強いため)

難しいこと、1600年代の戦乱の世の中で、日本人の戦闘能力がとても高かった

こと、銀硬貨を使って世界が貨幣を通じて貿易が盛んにおこなわれるようになったこと

などでした。学校の教科書に載っていない歴史に触れることはとても新鮮ですね。

« この7月で開院して20年になります | トップページ | 与田監督にエールを送ります »