フォト
無料ブログはココログ

« 新薬のジェネリック情報 | トップページ | 戦国時代のサムライ »

2020年6月30日 (火曜日)

この7月で開院して20年になります

地域の方々に支えてもらい、7月3日で開院20年になります。

いろいろなことがありました。内科学も進歩し、以前は寛解できなかった

C型肝炎や関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患など難病が管理

しやすくなりました。またアレルギーである気管支喘息やアトピー性皮膚炎

など2000年代に比べて重病の方の割合が減少し、よりコントロールがしや

すくなりました。悪性腫瘍は化学療法の進歩により癌=死というイメージは

以前よりもなくなってきた印象です。

糖尿病などの生活習慣病も治療薬も飛躍的に増加し、またみなさんの健康へ

の意識の高まりもあり治療成績も良好になってきました。

 一方、コロナウイルスなど、あらたなパンデミックな感染症が蔓延し、現在

も人類との攻防は続いており、健康はいまもなお脅かされ課題が残っています。

これからが正念場です。

 駆け足で振り返りましたが、この20年に経験した臨床能力をさらに磨きをか

けて地域の皆様の健康をすこしでも貢献できるように、これからも初診を忘れず、

日々コツコツと続けていければと思っています。

 

 

« 新薬のジェネリック情報 | トップページ | 戦国時代のサムライ »