フォト
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月27日 (水曜日)

3密、人との接触8割減は正しいのか

3密(密接、密閉、密集)を防ぐ、人との接触を8割に抑える

というスローガンのもと緊急事態宣言が全国に発出され、現在収束に

向っています。

理論的に人との距離を置くことでウイルス感染の伝播は防ぎやすいというのは

ほぼ自明なので、方向としては良かったと思います。しかし、そろろそ

見直す時期だと思います。過去を振り返って集団感染(クラスター)が起きた施設

起きなかった施設、場所を分析して「大丈夫なら大丈夫!」と言いましょう。

海外の例を引き合いにだすのは、感染率、死亡率から考えると適当ではないので

アジア、とくに日本での調査結果をまとめて、もっと実効性のある制限を新たに

専門家の人たちは責任をもって発表してほしいと思います。

甲子園中止した理由が、感染リスクが増大という理由ならば、来年のオリンピックは

到底できないと思います。「コロナとともにいきる」という覚悟を国民ひとりひとり

に持つことが重要です。

2020年5月22日 (金曜日)

名古屋市でもPCR検査が可能になりました

保健所をとおさずに、コロナウイルス感染を疑い、PCR検査が必要と判断した

患者さんに、検査が可能となりました。

 コロナウイルス感染を疑った場合は、速やかに検査予約ができますので

発熱等の感冒症状や、呼吸困難、全身倦怠感がみられる場合はまずは

お電話でご相談ください。

 

2020年5月 9日 (土曜日)

PCR検査について

コロナウイルス感染は収束に向かっていて、重症者、死亡者が

少ない日本は世界と比べるとコロナ対策は成功しているといえます。

しかし、現場の人間からすると、早く名古屋市にPCRセンターを設置して

患者さんおよび医療機関がコロナウイルスを疑った場合、ストレスなしに

検査を受付できる体制づくりが必要と思います。

私の案は、休日診療所および平日夜間診療所でコロナウイルス検査を

当番医師が実施すればいいと思います。私も含めて順番に廻っているので

一人一人の開業医も「本当に患者さんに役に立つ」仕事ができるので

ストレスがたまらなくて精神的にも安定します。

「普通の風邪を診断、治療する」から「コロナウイルス感染を早期に発見し、

感染拡大、および重症者、死亡者を減らす」という仕事がいまの内科開業医

には必要と感じます。

もうすこし先になりますが、

PCR検査にかわり、コロナウイルス抗原検査が認可されようとしています。

PCRに代わりうる有効な診断法なので一気に広まると予想されます。期待

したいですね。あとはワクチンと治療法の確立して、コロナと共に生きていく

土台ができあがることを願っています。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »