フォト
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月曜日)

講演会

大学のOBで企画された講演会に座長として出席しました。

名古屋市西部医療センターで稼働している陽子線治療についてセンター長の
荻野先生に講演いただきました。

前立腺がんが4月から保険適応になり、よりニーズが高まっているようでした。
また、手術不能例の肺がんや肝がん、小児の特殊癌など幅広いニーズに
対し、副作用を最小限に良好な治療成績を治めています。

X線と比べて、腫瘍組織のみを、より狙い撃ちできる陽子線は癌にたいして
とても有効な治療法であることを再度確認しました。正常組織への
ダメージも必要最小限に抑えています。

医療は確実に良い方向に進歩していると確認できた1日でした。

2018年7月11日 (水曜日)

異常気象

西日本の集中豪雨により被災された方々には
心からお見舞い申しあげると共に復興に尽力されている
皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします

集中豪雨や相次ぐ地震、異常高温など、様々な自然災害
が次々と起こっています。18世紀の産業革命、20世紀からの
エネルギー革命で、人間が作り出したエネルギーの均衡
バランスが崩れて、災害をもたらしているのでしょうか。

真夏も昭和の頃はどんなに暑くても32度前後、今では
38度、場所によっては40度近い気温になります。
夏は食欲落ちてやせるという方が以前は多かったですが
いまは運動や外出を控えて、むしろ「夏ぶとり」の
傾向です。

なにか、何千年、何億年かけての自然の周期を
人間の豊かさを求めるあまり、ゆがんできているように
感じるのは私だけでしょうか。

数十年後が心配です。

2018年7月 3日 (火曜日)

発熱したとき

発熱したとき、みなさんはどうしますか。

忙しい大人のみなさんは
「明日の仕事や家事に影響がないように早く治したい!」
子供さんでも
「学校がテストなので、休んではいられない」
幼稚園のお子さんも
「子供が休んだら、自分も休まないといけないから、なんとか行って」

ってところでしょうね。

医学的にいうと 発熱した場合、一番大切なことは
自分を病気モードにすることです。

上気道炎の発熱で無理すると、声が枯れる、咳がのこる、ひどい場合は
肺炎になります。また、いまのような夏場なら、下痢や蕁麻疹、熱中症などを
併発する恐れがあります。

「まあ、急がずに、3-4日は安静にしましょう」

ということです。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »