フォト
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水曜日)

交流戦

プロ野球は交流戦が始まりましたね。

我がドラゴンズは低迷をつづけ、交流戦で波に
乗りたいところです。

この交流戦、セリーグはパリーグにほぼ負け続けています。
毎年言われ続け、勝敗の差は縮まりませんね。

セリーグで優勝するためには、パリーグのような戦い方
をすればいいと思うのですが、各球団、なかなかその思考
ができていません。

パリーグが勝つ理由はいろいろと上げられています。
①選手がフルスイングする
②ピッチャーがいい
③DH制の戦い方が慣れている
④セリーグには負けられないという反骨心がある

本当でしょうか。

私は、戦術にあると思います。
先取点を取った方が有利になる信仰のあるセリーグは
まずは1点と、前半でもバントを多用します。セリーグ
出身の多い解説者も「ここはバントでしょう」と反論しません。
無難な非難されにくい戦術を監督は好みます。
結果として、8回ぐらいまではいい接戦できているのに
後半、リリーフピッチャーが逆転されての負け、あるいは
大量得点を取られて大敗する、というパターンが多くみられます。

ノーアウト1塁でランナーがでたら2点、3点を取りにいくような
野球をしなければなりません。セリーグでは外人以外で
ツーランホームランがあまりないですよね。もっと監督は
腹を据えて、選手を信頼する必要があります。

ここで注目なのは横浜のラミレス監督です。バントをほとんど
しないので、パリーグのような野球ができるので、十分
パリーグに対抗できるのではと思っています。

セリーグのバント野球ではもう無理と気付いてほしいですね。


« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »