フォト
無料ブログはココログ

« 頭痛 | トップページ | インフルエンザワクチンの予約開始しました »

2015年9月16日 (水曜日)

フェデラーの衰え

USオープンは、まさかの錦織1回戦敗退ではじまりましたが
決勝は、さすがのフェデラー対ジョコビッチ

風格漂う、二人の対戦となりました。

時間がなくて、フルセットを観たわけではないですが
息詰まる接戦となり、ジョコビッチの勝利と終わりました。

調子のいいフェデラーに、敢然と立ち向かう、ランキング1位の
ジョコビッチ、見事な勝利でした。おめでとうございます。

フェデラーが超攻撃的なテニスを仕掛けてきました。
リターンダッシュからの新しい攻撃、見応えがありましたが、

私はあることに、フェデラーの衰えを感じました。

全盛期のフェデラーは、ネットに詰めたときにロブで抜かれる
姿をみたことはありませんでしたが、最近のフェデラーは
ちょくちょくみかけます。攻撃性が増したから、しょうがないという
選手ではないので、身体の衰えによる、判断がやや強引に
なっている結果と分析します。

20歳代でフェデラーがロブでぬかれた映像を是非
探してみてください。

多分ありません(^.^;

« 頭痛 | トップページ | インフルエンザワクチンの予約開始しました »