フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月28日 (火曜日)

ピースあいち

名古屋市名東区にある「ピースあいち」を訪ねました。

第二次世界大戦による名古屋大空襲の様子の写真や
資料、ときには映像をまじえて紹介した戦争を伝える
名古屋市では珍しい資料館です。

2007年に開館した比較的新しい資料館ですが
もう来場者が5万人を超えたそうです。

何故、日本は悲惨な、誰もが望まない戦争に突入したのか
を知っておくことは、これからわれわれのような戦後生まれの
人間には必要です。戦争を語ってくれる方が少なくなり
戦争のことを考える機会が減ることも怖いことですね。

安倍総理大臣も戦争は反対でしょう。
「一国では平和は守れない」と言ったそうですが、
その一言だけに突っ込ませてもらいます。

戦争を回避するために日本はドイツ、イタリアと
3国同盟を組みました。アメリカをはじめとした
連合国側が容易に手が出せなくなるという算段
だったと思いますが、結果はどうだったでしょう。

平和のことじっくり考える1日となりました。

2015年7月23日 (木曜日)

ダニ対策を

ヒョウヒダニが繁殖するシーズンとなりました。

昨日、ためしてガッテンでもやっていましたが、
ダニはなかなか死にません。

日干しダメ、洗濯ダメ、掃除機では生きたダニは
吸いきれず、冷やしてもダメです。

4億年前から生息し、何万種類もいる生き物の先輩
ですから、なかなか有効な方法はないので
ダニはいるものだという前提が必要なんですね。

唯一、死滅させる方法、それは温度です。
50度、20分で死滅するので、乾燥器が有効になります。

ダニアレルギーで、鼻炎の人は経口免疫療法が
そろそろ使用できるようになるので、またアナウンスしますね。

共生する、アレルギーを起こしにくい体質になるほうが
近道かもしれません。

2015年7月14日 (火曜日)

STFS

アルファベッド4文字ですが、なんとことかわかりますか?

マダニから感染する、ちょっと厄介な感染症です。
日本語名は
「重症熱性血小板減少症候群」です。

マダニからSFTSウイルスが人に感染して
日本でも死亡する例がみられるようになってきました。

特に有効な治療法もなく、ワクチンもないため、
マダニに刺されないという予防しかありません。

聞き慣れない病名ですが、多分日本の医師もあまり
馴染みがないので、診断も簡単ではないと思います。

「まずSFTSを疑う」という初動を間違えないようにすること
が内科医師に求められます。

マダニは家にはいないし、空気感染ではないので
爆発的に広がることはないでしょう。自然に触れ合う
林や森、草むらでは注意したほうがよさそうです。

そう考えると、道路は車で危険、草むらは感染症で
危険、公園も蚊がいるので危険、どこで遊べば
いいでしょうね。

2015年7月 6日 (月曜日)

名古屋市広報委員

昨年から名古屋市医師会で広報委員を務めています。

名古屋市民の皆様に配布する雑誌や医師会員向けの
雑誌の編集に携わります。

ある議題に対して、内容は適当か、誤字脱字はないか
きめ細かく、議論して雑誌を作り上げていく作業です。

先日は私の当番で、「ヘルシー名古屋」の小冊子に
ブログについての執筆をしましたが、
粗相のないように書き上げたので、
名古屋市民の皆さんは是非、読んでもらって
また、感想を教えてくださいね。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »