フォト
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月27日 (月曜日)

小児肺炎球菌など

名古屋市では平成23年1月1日より
小児肺炎球菌、HIBワクチンが全額助成となります。
各年齢によって打つ回数も違いますので
ご注意ください。
生後2ヶ月から接種可能ですので、お問い合わせ
ください。

また子宮頸がんワクチンが中1-2年の女子から
高校1年の女子まで拡充されます。

これも画期的なことだと思います。
市長のおかげでしょうか。

2010年12月22日 (水曜日)

何も起きないこと

今年は残りわずかになりました。
振り返ると、駆け足で過ごした日々がよみがえります。

医療の世界、とくに外来慢性疾患で通院されている
患者さんにとって、また私にとって良いことは
「なにも起きないこと」です。
これってどういうこと?と思われるかもしれませんが、
脳卒中になった、不眠になった、胃潰瘍ができた、
など、さまざまな疾患が、襲ってきます。
そのなかで、生活習慣を見直し、規則正しい生活を
過ごすことによって「なにも起きなかった」といのは
この年はよかったということになります。

みなさんは今年、
「何もおきなかった」ですか?

2010年12月15日 (水曜日)

またまた予防接種が

もう新聞などでご存知の方が多いと思いますが、
予防接種任意接種の助成が拡がります。

小児肺炎球菌、HIBワクチン、子宮頸がんワクチン
が名古屋市では、来年の1月から助成が拡がります。

河村市長のおかげでしょうか。

自分の信念を貫き、政治家として存在感がありま
すね。

リコールの再審査の結果もそろそろです。
どうなるのか市民として気になります。

2010年12月10日 (金曜日)

胃腸風邪

胃腸風邪は爆発的といわないまでも流行しています。
突然気持ち悪くなって、嘔吐とその後悪寒、下痢と
続きます。家族や同僚にすぐ感染するので、注意が
必要です。
よく「ノロウイルスですか」と聞かれますが、それを
含めた胃腸風邪ですと答えています。
ノロウイルスの診断は便からの検出で証明しますが、
まだ自費検査で2万円程度すると思います。

2-3日で収束する病気で、ウイルスが検出されなくて
も、嘔吐下痢の治療に専念するので、結果はかわりません。

「ノロウイルスの可能性のある胃腸風邪」というのが
本当の答えです。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »