フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金曜日)

前立腺癌検診はじまります。

名古屋市在住の50歳以上の方の前立腺癌検診が
はじまります。前立腺癌はがんの中ではある特殊
な特徴があります。

それは、血液検査のほうが、はやく診断ができるとこ
ろです。胃がんや肺がんなどは一般的に進行癌
になって血液検査で腫瘍マーカーがあがってきます。
しかし、前立腺癌は早期発見のツールとして血液
検査が有用です。
したがって、もともと検診に向いているといえます。

この機会にがん検診を受けましょう!

2010年5月24日 (月曜日)

特定健診

6月から恒例のメタボリック健診が開始されます。
名古屋市国民健康保険をお持ちで、40歳以上の
方が対象になります。
そろそろ受診券が郵送されてきますので、届きました
ら、いい日にちをみつけて健診を受けてください。

自分は?

私は、いつも2月に人間ドックをうけていますが、
、、やはり健診結果や腹囲は気になりますね。

食事と運動を見直すいい機会ですよ。

2010年5月17日 (月曜日)

高血圧症

メタボリックシンドロームをはじめ生活習慣病が
長寿国日本では問題となっています。その中で
中心的な病気がそう「高血圧症」です。

血圧が平均で140/90mmHgを越えてくると
診断されます。自覚症状はありません。したが
って測定しなければ病気には気付きません。
診断することは実はそう簡単なことではありません。

病院で測定するときだけ高い人もみえますし、
3回繰り返し測ると、下がる人もいます。朝だけ
高い人、運動したら下がる人、いろいろみえますから
初診で治療を始めることはまれです。

先週は東京で高血圧症の研究会に参加してきました。
どの患者さんに、どの種類の治療薬を開始すべきか
という基礎的な話しでしたが、勉強になりました。
たとえば、糖尿病のあるひと、それも腎症のあるひと
では、微妙に薬を変化させなければなりません。
心血管合併率や腎症の進行の度合いにかかわるから
です。

医者は一にも二にも勉強が必要ですね。
頑張ります。

2010年5月 8日 (土曜日)

解熱剤

4月の不安定な天気で、GWにかけてのどを
痛めて来院される患者さんが増えてきました。

そこでよく処方する薬に解熱剤があります。

解熱剤を使わなくても、キチンと病気は治ります。
でも、熱でしんどい場合は重宝する薬です。
解熱剤の効果がでて、熱がさがっている間はすこし
楽になって、水分や睡眠がとれることがあります。
それを期待して使用することはよいと思います。

「高熱が続くと、頭がおかしくなるのでは?」と
思って熱を下げようとするひとがありますが、心配
はありません。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »