フォト
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火曜日)

クリニックの休み

今年ももうすぐ終わりですね。
暖かいせいか、実感しない人も多いと思います。

今年は当院は29日まで診療させていただきます。
31日は私が中川区の休日当番医ですから、高畑の
休日診療所に執行しにいきます。具合が悪い場合は
是非、起こしください。
私も、全く初診の人を見るよりも、知っている患者さんを
診察するほうが、安心なんですよね。ここだけの話ですが。

平成19年は5日より診療開始です。

宜しく御願いします。

2006年12月19日 (火曜日)

来年の目標

まだ懲りずにテニスに励んでいます。たかだか
ウイークエンドプレイヤーなのですが。

体がどんどん動けなくなるなあと実感しながら
「こんなはずでは」とおもいながら、あえぎながら
ボールを追っかけています。

18歳のとき、バトミントンをしたときに肩を痛めました。
「バキ」という音を今でも覚えていますが、
それから肩痛とお付き合いです。
サーブを思い切り振れないというはがゆさを常に
抱えてきましたが、どうもそれを言い訳にしてきたようです。

早いサーブが打てなくても、試合に勝てる人はいくらでも
いますので、本当に単なる言い訳に過ぎません。

来年の目標は、「勝つテニス」を目指します。
体力の衰えとか、いろいろな言い訳は封印して
真摯にテニスに向かいたいとおもいます。

2006年12月12日 (火曜日)

風邪予防

日増しに寒くなり、冬の到来を感じています。

胃腸風邪も峠を越して、院内もすこし落ち着いてきました。
いまは溶連菌感染症が目立つようです。

先日「あるある大辞典」たるTV番組をたまたま見たら
風邪予防のお話でした。
風邪を引く理由は、体内に二つの病原体からの防御機構があり、
一つは唾液を含む粘膜、一つは体内の免疫パトロールが存在する
という話でした。
どういうときに風邪をひくかという問題では、一つは、寝不足、
冷え、疲労、緊張などが挙げられており、注意を喚起していました。

また予防としては手洗い、うがいはもちろんのこと、トマトやにんじんなどの
赤、黄色野菜をたべて、免疫力を高めることと、下半身を冷やさないよう
することが重要であると結んでいました。

空気中には病原体はうようよしており、ちょっとしたことで、風邪などの
病気になるのものだと思います。1日の中でも、免疫力がおちる時間は
必ずあるので、注意してくださいね。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »