フォト
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月24日 (金曜日)

子どものテニス大会

小学4年になる息子がテニス大会に初出場しました。

同じ小学生と、テニスのシングルス6ゲーム先取の勝負でしたが、
結果は2-6,2-6の2戦2敗でした。0-6で負けるのではないかと
思っていたので、終わった瞬間ほっとしました。

本人に「よく頑張ったな」と声をかけたら、泣き出しましたが
この姿をみて「あー試合をしてよかったな」と感じました。

テニスは大人が試合をしてもしびれるメンタルな面を強く
もっているスポーツです。シングルスですので、頼れるのは
自分だけ、いろいろなショットを決断するのも自分だけです。
テニスコート上で、精神的にも技術的にも新たな課題が
みつかったことでしょう。

スポーツっていいなあと感じた1日でした。

2006年11月18日 (土曜日)

インフルエンザワクチン

いま、インフルエンザワクチン接種の真っ最中です。

大人より、子どもさんのほうが、接種したにもかかわらず、インフルエンザに
罹患することもありますので、「かかりませんように」と祈る気持で
ワクチンを接種しています。


生ワクチンは比重?の関係か、あまり痛くありませんが、
インフルエンザワクチンはワクチンの中でも、痛みがあるほうに思えます。

私は長年、ワクチンを打っていて、この方法が一番、痛みがでにくいだろうな
というのをつかみました!!!
それは、接種部位、注射の角度、深さ、針の太さなど、総合的に鑑みて
決定しました。また接種後腕が腫れてしまう方もみえますが、それを
最小限にできればと考えています。

注射を打ちにこられた患者さんは、よくみていてくださいね。

2006年11月15日 (水曜日)

子どものコミュニケーション

子どものいじめや自殺が問題となっていますね。
以前からも、いじめはありましたが、最近はとみに
クローズアップされています。

いじめはエスカレートしたのでしょうか。比較できないので
なんともいえませんが、ゲームや少子化の問題で
コミュニケーション能力は低下しているのは実感します。

診療にきている子どもさんも、自分で症状がいえない、
人の目をみれない、子どもが目立ちます。自分のことは
きっちり自分で伝えることを教えられていないのでしょう、
親御さんもきずいていないことが多いようです。

子どもの問題は大人の問題です。規範意識が薄れて久しいですが、
大人が責任もって、子どもを導いていかねばならないですね。

静岡の学校で、いじめの問題はコミュニケーション能力の低下が
原因の一つとして、言語科を設けているとのテレビ報道をみました。
「嫌だ」といえない子が増えているようです。
自分の意見を筋道たてて相手に伝える、相手の
意見に耳を傾けることのスキルアップを目的とした授業です。
これは特区のみに認められた授業のようですが、全国的に
導入が必要と感じました。

2006年11月 1日 (水曜日)

風邪

寒暖の差が激しくなると同時に
風邪が流行りだしています。

また、今週から胃腸風邪の患者さんも増え始めました。
普通の風邪より、嘔吐、下痢と発熱があるから患者さんは
ぐったりして来院されます。それも2日ぐらいで兄弟や家族間で
感染するので、家族にとっては大騒動です。

風邪予防は①に食事②に睡眠です。
疲れをためないように、十分体力を養うようにしましょう。

私は今年からビタミンCをできるだけ摂取するように心掛け
ています。例年、風邪をもらってしまって、患者さんから「お大事に」って
冗談まじりにいわれますので、今年はそんなことないようにきっちり予防したいと
思います。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »