フォト
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土曜日)

テレビを消すと

テレビをできるだけ消しましょう。テレビを消すと家庭に
静けさが戻ってきます。

静けさは家族に会話をもたらし、そうすることで家族の絆をむすんでくれます。

食卓の場でさえテレビがついている、あるいはテレビやインターネットが複数台あり
子どもは好きなようにすごしている。これでは家族はいっしょに暮らしているだけで
それぞれ孤立感を深めていくでしょう。
そのような家庭は、家族おのおのの利己主義と気楽さを代償に、大切なものを
失いつづけています。

会話があれば、互いの気持ちの交流があります。理解しあうべき時にその時間を
もつことができます。会話があれば、笑い声もおこります。子どもとの屈託のない会話
は、子どもへの愛情を深めます。また、成長期の子どもとの会話は、今どんな気持ちで
いるのか、悩んでいることなど、子どもからのSOSに気づくことができるでしょう。

この内容は「こどもの本の童話館グループ」の特集から一部抜粋しました。

みなさんも一週間ぐらいテレビやインターネットのない生活を送ってみませんか。
家族のかかわりのなかで新しい発見がありますよ。

2006年1月13日 (金曜日)

掖済会の研修医の先生

寒い日が続いていますね。

1月中旬から当院に研修医の先生が研修にみえています。
日ごろ、大病院にお世話になりっぱなしで、恩返しのつもりで
地域研修にきていただいております。

日赤病院と掖済会病院の研修医を受け入れていますが
どちらの方も、勉強熱心で感心しています。
大きな病院で研修している先生たちは忙しい当直業務を
経験し、風邪から心筋梗塞、意識障害等、万遍なく
経験できることが強みです。これから、どんどん医師として
成長していくうえで、初期研修というのは非常に大切なので
今の研修を大事にしてほしいですね。

こちらも、手を抜けませんので、いい緊張感をもって
診療できます。

患者さんのみなさんも、いい医師が育つよう、協力お願いしますね。

2006年1月 1日 (日曜日)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

犬もあるけばぼうにあたります。皆様はいったい
何にあたるのでしょうか。
幸運にたくさんあたるように、お祈り申し上げます。

よい年でありますように。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »