フォト
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月 9日 (月曜日)

研修医の先生を

患者様におしらせ

当院は研修教育施設です
日頃から、病診連携でお世話になっている
第一日赤病院および、掖済会病院の研修医の先生を受け入れ、
地域医療について学んでいただこうと考えています。
患者さんとのふれあいを通じて、患者さんの痛みを理解でき、
正しい診断、治療がなされるような、より良い医師の育成が目的です。
わたしも研修医の先生といっしょに勉強したいと思います。

ご協力いただきますようお願いもうしあげます

日程はH17.6.27~ 7.25~ H18.1.5~から各々2週間3名の先生の予定です

永田内科クリニック院長 永田 章

子ども

最近は子育てに不安のある親が増えています。
叱り方がわからないと相談されることもあります。

そこで、皇太子さまが引用された詩をおくります

ドロシー・ロー・ノルト作

批判ばかりされた 子どもは
非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは
力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは
ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは
鈍い良心の もちぬしとなる
しかし、激励をうけた 子どもは
自信を おぼえる
寛容にであった 子どもは
忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは
評価することを おぼえる
フェアプレーを経験した 子どもは
公正をおぼえる
友情を知る 子どもは
親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは
信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じることを おぼえる

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »