フォト
無料ブログはココログ

2020年9月23日 (水曜日)

呼吸器学会、アレルギー学会総会のオンラインについて

コロナウイルス感染症の影響で、呼吸器学会、アレルギー学会の

学術総会が今年は初めてオンラインでの開催となりました。

結論としては大変有意義でした。オンデマンド配信も充実して

昨年のように出席していたら一会場の講演しか聞けなかったところ

ほとんどすべての講演を拝聴することができました。

わからないところは巻き戻したり、調べたりすることもできるので

有意義な時間を過ごすことができました。

医学も日々進歩しております。とくに変化があったのは、肺がん領域

AI画像診断の進歩、数多くのアレルギー疾患の病態の解明、あたり

でしょうか。日々勉強が必要なことを痛感したシルバーウイークでした。

2020年9月 5日 (土曜日)

細菌性食中毒に注意してください

コロナウイルスの流行に隠れて、注意してほしいのが細菌性食中毒です。

発熱と腹痛が主訴になりますが、ときに血便を認めます。

サルモネラ、腸炎ビブリオ、キャンピロバクター、ウエルシェ菌、

大腸菌など多岐にわたります。

ウイルス感染に注意していても、普通に汚染された食事から起こります。

注意してください。

2020年8月19日 (水曜日)

気温40度越えに思う

昭和の頃は、真夏でも高くても33度、外で遊ぶのはあたりまえでした。

薄曇りで30度では「海はちょっと寒いな」と印象で、気温が

上がってほしいと思ったこともありました。

平成にはいると、どんどん最高気温が上昇し、今年も名古屋でも39度に

迫る勢いです。人間が快適に過ごす気温を大きく上まわっています。

地球はどうなってしまったのでしょうか。

化石燃料から始まり、人間が高エネルギーを産出すればするほど

地球が温暖化して、高気温、ゲリラ豪雨などの異常気象が起きている説が

正しければ生活スタイルを見直す必要があります。

それをコロナウイルスが教えてくれたのでしょうか。

何百年、何千年の持続可能な未来のために、我々は何をすべきか

コロナとともに考えたいと思います。

2020年8月 3日 (月曜日)

冷静な判断を

名古屋市内の新規コロナウイルス発生者は連日100人越えを

記録し、感染第二波と考えていいでしょう。

しかし、幸いなことに重症者は2名と、医療体制に明らかな

逼迫といえないところが第一波と異なります。すなわち20-30

歳代の若い世代の感染は重症化になりにくいことがわかります。

東京の統計だとコロナウイルス関連死亡者の平均年齢が79歳

であることを考えると、高齢者の方はコロナ感染には重々気を付けた

ほうがいいことは変わりありません。

 やむを得ず感染してしまった人には、社会は寛容であるべきだと

思います。コロナ自粛で糖尿病などの生活習慣病の悪化、コロナ鬱など

増大する疾患にも注意したいと思います。

 

2020年7月28日 (火曜日)

PCR陽性者は感染者?

第二波では?といわれるぐらい、新型コロナウイルスPCR検査陽性者が

全国でも拡大を続けていて、各自治体は対応に追われています。

ここ愛知県でも、PCR陽性者が増えてきました。

第一波といままでのところ大きな違いは、20-30歳代の無症状者の

陽性者が多いということ、重症の患者さんが少ないところでしょうか。

ではなぜ?と思いますが、考えられるに

最新のPCR検査の精度が上がったことと、PCR検査が増えたことが

上げられます。人に対する感染力が弱いとされる、無症状の若者を

無理やり、コロナウイルス感染者として分別している可能性があります。

例えるなら、保菌している溶連菌をみつけて、溶連菌感染症だから抗生剤を

一週間のませるような感じでしょうか。

ここ半年で、コロナウイルス感染に対するエビデンス(証拠)が集まって

きました。それを参考にWITHコロナウイルスの新常態を早く

確立していきたいですね。

またわかったことがあればブログに書いていきます。

2020年7月14日 (火曜日)

与田監督にエールを送ります

8歳から、生粋のドラゴンズファンです。

やっとの思いで開幕したペナントトレース、しかし与田竜は迷走しています。

先日「代打三つ間」、歴史的な事件ともいえる迷采配をしてしまいました。

また、1軍の出場枠を余らせているという、選手、ファンに対して許されない背信行為も

してしまいました。その背景にあるのは監督とヘッドコーチとのコミュニケーション不足、

確執があるのではと心配しています。ここは、首脳陣一枚岩になってこの難局を乗り越えて

ほしいです。あと監督は自分自身、采配に自信をなくしているようにみえ、選手起用

や作戦に精彩を欠いています。「どうしても勝ちたい」と思うと、目先の

間違った作戦を選んでしまうものです。

もう一度、開幕一戦目だと思って、自信をもってタクトを握ってください。

自信を取り戻せば、十分に戦える戦力です。

がんばれ、中日ドラゴンズ(^^)/ 。

2020年7月 6日 (月曜日)

戦国時代のサムライ

1612年の徳川家康と豊臣家の最後の戦、大坂冬の陣について語る

NHKスペシャルを観ました。

ほぼ同時期に銀鉱山の採掘権利をめぐってスペインとオランダが

覇権争いしている真っ只中、この冬の陣の戦に大いに関わっていること

を初めて知りました。徳川家康はオランダから購入した大砲で豊臣家を

滅亡に導きます。さらに驚いたのは、オランダからスペインが植民地化

していた東南アジア諸国を奪うのに、日本人のサムライを家康の許可を

得て雇い、傭兵化し見事に、オランダが領地を奪いとったということでした。

心に残ったのは、オランダスペインとも日本を植民地化することは、(強いため)

難しいこと、1600年代の戦乱の世の中で、日本人の戦闘能力がとても高かった

こと、銀硬貨を使って世界が貨幣を通じて貿易が盛んにおこなわれるようになったこと

などでした。学校の教科書に載っていない歴史に触れることはとても新鮮ですね。

2020年6月30日 (火曜日)

この7月で開院して20年になります

地域の方々に支えてもらい、7月3日で開院20年になります。

いろいろなことがありました。内科学も進歩し、以前は寛解できなかった

C型肝炎や関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患など難病が管理

しやすくなりました。またアレルギーである気管支喘息やアトピー性皮膚炎

など2000年代に比べて重病の方の割合が減少し、よりコントロールがしや

すくなりました。悪性腫瘍は化学療法の進歩により癌=死というイメージは

以前よりもなくなってきた印象です。

糖尿病などの生活習慣病も治療薬も飛躍的に増加し、またみなさんの健康へ

の意識の高まりもあり治療成績も良好になってきました。

 一方、コロナウイルスなど、あらたなパンデミックな感染症が蔓延し、現在

も人類との攻防は続いており、健康はいまもなお脅かされ課題が残っています。

これからが正念場です。

 駆け足で振り返りましたが、この20年に経験した臨床能力をさらに磨きをか

けて地域の皆様の健康をすこしでも貢献できるように、これからも初診を忘れず、

日々コツコツと続けていければと思っています。

 

 

2020年6月17日 (水曜日)

新薬のジェネリック情報

2020年6月より いろいろな新薬のジェネリックが登場しますので

お知らせします。

認知症薬:レミニール、メマリー

抗アレルギー薬:ザイザル、ディレグラ

糖尿病薬:シュアポスト、アクトス

前立腺薬:アボルブ、ザルティア

鎮痛薬:セレコックス

高薬価の薬のジェネリックは患者さんにとっては福音ですね。

ジェネリック希望の方は、お気軽にご相談ください

2020年6月13日 (土曜日)

コロナウイルスIgG抗体測定してみました

検査受諾契約をしている名古屋臨牀検査センターで新型コロナウイルスIgG抗体

(アボット社)を測定できることになりましたので、クリニックのスタッフ全員

検査を受けました。

結果は全員陰性。この1月からだれも新型コロナウイルスに感染履歴もなかったと

考えられる結果で良かったです。当院の感染対策も大丈夫で安心しました。

 無症状で、自分は新型コロナウイルスに感染したか知りたい方は、随時検査を

受けつけていますのでお気軽にご相談ください。今現在、発熱、咽頭痛、味覚障害

呼吸困難等があるかたは、抗体検査ではなく、PCR検査をお勧めすることになります

のでご注意ください。

新型コロナウイルスIgG抗体費用:6000円+消費税 となります。

«3密、人との接触8割減は正しいのか